1 min read

「Python機械学習プログラミング」を読む #1

nabeen

昨日はちょっとブログを書く前にうたた寝してしまったんだけど、昨日からこの本を読んでいる。

とりあえず 1 日 1 章読む感じでタスクを切っているので、昨日と今日で 2 章進めた。

昨日は、第 1 章 「データから学習する能力」をコンピュータに与える、で、機械学習とは?みたいな基本の部分だったので、特に真新しいところはなかった。

今日やった、第 2 章 分類問題ー単純な機械学習アルゴリズムのトレーニング、こちらも理論的にはさほど難しい部分はなく、一方で、ちゃんと Python でコーディングした経験はなかったので、まぁそこそこ勉強にはなった。というか NumPy とかそこらへんのライブラリをちゃんと使えるレベルには至ってなかったなって印象。

多分この本でやることって、Coursera でやった内容が結構多いんだと思う。なので、新しく知る理論的なことというよりかは、そのあたりをちゃんと Python で書けるようにってところが主眼になってきそう。だったら、もう Kaggle で実戦投入した方が早そうだな...という気もするので、ちょうど Kaggle もくもく会があるので、それを皮切りに本書と並行して進めていこうと思う。

あんまり写経に意味はなさそうだし、Scrapbox にまとめるのはまとめたいけど、別にまとめることが目的ではないし、うまいことやっていきたい。

P.S.

完全に余談なんだけど、この「Python 機械学習プログラミング」、Humble Bundle で買った中に入ってた。

まぁ原著だと読書スピードがガタ落ちしそうなので、和訳がある本をあえて原著で読む必要はないと思ってる派なんだけど、なんか完全に損した気分は否めない。

とりあえず、サクッと通読していこう。